LOG IN

呉鎮守府へ行ってきた

by たいしゅん

タイトルの通り…ではないな。

正確には海上自衛隊呉地方総監部第一庁舎という名称の建物見学会に出かけてきた。

呉鎮守府というのは日本に海軍があった時代の名称だ。

毎週日曜日に開放している(要予約)のだが、盆や正月はやっていない。

毎正月に呉詣をやっている私は行きたくても今まで行けなかった場所。

明治十九年(一八八九年)この地に開庁して、地震による震災で初代庁舎が半壊し、明治三九年(一九〇六年)、第二代呉鎮守府庁舎として誕生したのが、現庁舎ということだ。

建物のてっぺんのドーム部分は、昭和二〇年七月の空襲で焼失しており、平成一九年(一九九九年)より復元されたものだ。

呉の歴史をずっと見てきた、貴重な、呉の顔というべき存在。

今回はこの庁舎の外観をグルッと見た後、旧日本海軍・呉鎮守府司令部地下作戦室も見せてくれた。

三年前から公開するようになったとの事。

地下作戦室がこれだけよい状態で残っている場所は珍しいらしい。

とはいえ、扉を開けると崩落の危険性があるため、触れる事が出来ない「開かずの扉」だとか多数あり、この地下室を維持する予算がもう自衛隊にはないというような話もされていた。

昭和二〇年七月の空襲の時も、旧地下作戦室に保管されていた重要書類等は被害を免れたそうだ。

庁舎裏側大階段から呉港が見える。

ドックから出港する戦艦大和も見えただろうな。

予約がいるけれど、呉にお越しの際は是非、この歴史の生き証人に逢いに行ってはいかがかな。おススメです。

OTHER SNAPS